/

この記事は会員限定です

利益与える「積極意思」立証がカギ ドンキ株不正推奨

[有料会員限定]

ドンキホーテホールディングス(HD)前社長、大原孝治容疑者(57)が同社株を不正に推奨した疑いで3日に逮捕された。前社長は取材に対し違法な推奨行為を否定し、推奨相手とされる知人を「もうけさせる理由がない」と説明した。金融商品取引法違反に問えるかどうかは相手に利益を得させる「積極的な意思」があったとの立証がポイントの一つになる。

東京地検特捜部は大原前社長が社長在任中の2018年8月、ユニーファミリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り992文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン