/

FRB理事にウォラー氏、米上院が承認

【ワシントン=長沼亜紀】米上院は3日、トランプ大統領が米連邦準備理事会(FRB)理事に指名したクリストファー・ウォラー氏の人事を採決し、賛成48、反対47で承認した。共和党議員のほぼ全員が賛成した一方、民主党議員は反対にまわった。

2月の上院銀行委員会で証言するウォラー氏=AP

ウォラー氏は現在セントルイス連銀調査局長で、その前はノートルダム大学経済学部の学部長を務めた。任期は30年1月までとなる。

一方、同時に理事に指名されたジュディ・シェルトン氏の人事は、上院で採決手続き動議が否決されている。16年の大統領選時にトランプ陣営の経済顧問を務めたシェルトン氏の承認には共和党議員の一部も反対しており、トランプ大統領が政権を去る前に採決できるかどうかは微妙な情勢となっている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン