/

この記事は会員限定です

米CMEが水先物創設 水不足リスクへ農家の利用見込む

[有料会員限定]

【シカゴ=野毛洋子】米先物取引所のシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が12月に世界で初めて水先物を上場する。気候変動などによる水不足の深刻化に着目し、農家や産業界の取引需要を見込む。ただ水は需給が地域によって大きく異なるうえ、複雑な法規制もあることから、先物取引になじむかどうかを巡り疑問の声もでている。

CMEが上場するのは「ナスダック・ヴェレス・カリフォルニア水指数」。水専門の金融業者ヴェレ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1419文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン