/

この記事は会員限定です

大阪府、医療現場が逼迫 看護師不足が増床の壁に

[有料会員限定]

大阪府は3日、新型コロナウイルス対策本部会議で「医療非常事態」を宣言し、府独自基準の大阪モデルの「赤信号」点灯を決めた。府は「第3波」に向けて医療体制の強化を図ってきたが、大きな壁になっているのが人材不足だ。特に看護師の確保が難しく、病床を思うように増やせない要因となっている。

「高齢の患者が増え、入院患者の7割が70代以上。感染防止策をとりながらの食事や排泄の介助などで、看護師の負担...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り894文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン