/

三井E&SHD、環境プラント事業の一部を売却

JFEエンジに

売却する別海バイオガス発電では家畜排せつ物を使って発電する(北海道別海町)

三井E&Sホールディングス(HD)は3日、環境リサイクル・バイオガス関連のグループ会社を2021年4月にもJFEエンジニアリングに売却すると発表した。売却額は非公表で、対象となる従業員は700人強。JFEエンジには化学プラント事業を譲渡しており、追加の事業再編となる。

グループ会社の別海バイオガス発電(北海道別海町)と西胆振環境(同室蘭市)の全株式を三井E&S環境エンジニアリング(MKE、千葉市)に承継させたうえで、MKEの株式をJFEエンジに譲渡する。今回の売却でごみ焼却や汚泥処理施設の建設・運営からは撤退し、バイオガス発電設備事業は一部を海外で手掛ける形となる。

MKEの20年3月期の売上高は、前期比19%増の181億円。家畜排せつ物などバイオマスを利活用するプラントのEPC(設計・調達・建設)や運営などを手掛ける。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン