/

この記事は会員限定です

笹川陽平・日本政府代表「ミャンマー西部でも総選挙を」

[有料会員限定]

【ヤンゴン=新田裕一】ミャンマーの少数民族和平問題を担当する日本政府代表の笹川陽平・日本財団会長は3日、日本経済新聞に対し「西部ラカイン州での選挙実施は(現地の少数民族武装勢力と国軍の)停戦や和平に向けた重大な糸口になる」と述べた。11月の総選挙で除外された上下両院の計16議席分について、投票の早期実施をミャンマー政府に促した。

ミャンマー最大都市ヤンゴンで取材に応じた。

ラカイン州では少数民族の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り957文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン