/

この記事は会員限定です

ESG債、最高の1.6兆円超 国内企業が資金調達の柱に

4~11月、コロナ対応で起債膨らむ

[有料会員限定]

ESG(環境・社会・企業統治)債券の発行が急増している。国内企業の2020年度(4月~21年3月)の発行額はすでに1兆6000億円を超えて過去最高になった。債券の発行額(国債除く)に占める比率も1割まで高まり、資金調達の新たな柱になりつつある。日本は欧州などに比べてESG関連の投資で出遅れており、今後も新規発行の増加が続きそうだ。

SMBC日興証券によると、ESG債の4~11月の発行額は1兆657...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1203文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン