/

脱炭素実現へ自民議連 首相の看板政策後押し

自民党の石原伸晃元環境相ら有志議員は3日、脱炭素と経済成長の両立実現を目指す議員連盟を設立した。再生可能資源の活用推進に向けた法改正の在り方などを議論し、政府や党への提言を図る。菅義偉首相は看板政策の一つに2050年の温室効果ガス排出ゼロを掲げており、議連として後押しする方針だ。

設立総会で石原氏は「諸外国に脱炭素実現を約束しているが、現段階では達成への行程はお寒い限りだ。危機感を持ちたい」と呼び掛けた。

この日は有識者を講師に招き、農作物を原料にしたバイオエタノール燃料の普及拡大を巡り論議。今後も二酸化炭素(CO2)を燃料に再利用するカーボンリサイクルなど次世代技術に関し意見交換を重ね、政府が来夏策定する経済財政運営指針「骨太方針」に反映させる段取りを描いている。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン