/

この記事は会員限定です

農村で体験イベント、3密を避けて「食と農」を満喫

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染が広がる中で、農村での体験イベントが注目されている。「3密」になるのを回避しやすい広々とした空間があるからだ。農地は食料を生産するだけではなく、様々なイベントを開く場所として新たな価値を生み出そうとしている。

6月下旬、茨城県龍ケ崎市の田んぼの一角に複数の家族連れが集まった。あぜで苗の束を受け取ると、恐る恐るはだしで田んぼに入る。泥の中を歩く難しさに戸惑いながら、苗を植える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1545文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン