/

ANAやセブンが実験、ドローンで日用品配送 福岡市

ドローンで能古島に日用品や医薬品を輸送する(3日、福岡市)

ANAホールディングス(HD)やセブン―イレブン・ジャパンなどは、福岡市の能古島にドローン(小型無人機)で日用品や医薬品などを配送する実証実験を始めた。期間は2日から5日まで。2022年にドローンの飛行に関する規制が緩和される見通しで、実用化に向けた安全性や利便性を確かめる。

日用品の注文はセブンの「ネットコンビニ」を利用する。能古島の島民がスマートフォンで商品を注文すると、市内にある店舗のスタッフが商品を発着陸場まで運び、ドローンに積み込む。その後、能古島の発着場まで海上をドローンで輸送し住民に渡す。ドローンで運べる日用品は約5キログラムまで。3日の実験では注文から受け取りまでを20分で終えた。

実験には2社に加え、調剤薬局のアインホールディングス(HD)や福岡市、産業用ドローン開発の自律制御システム研究所(ACSL)、NTTドコモが協力した。

能古島には現在、日用品を販売する商店がなくフェリーで本土まで買い物に出る必要があった。実験に参加した島民は「短時間でできるので非常に便利。実用化されたらぜひ利用したい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン