/

この記事は会員限定です

コロナ打撃の中小再建、ドーガンや福岡銀行がファンド

[有料会員限定]

投資ファンドのドーガン(福岡市)は新型コロナウイルスで経営に打撃を受けた企業の再建を支援するファンドを立ち上げた。ファンドの総額は48億5000万円。ドーガンによる企業再生の支援ファンド組成は4件目で今回が最大規模となる。中小企業基盤整備機構や福岡銀行のほか、初めて九州の2信用金庫が加わった。最大で20社ほどの中小企業に投資する。

ファンドを運用するドーガン・リージョナルバリュー投資事業有限責任組...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り586文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン