/

この記事は会員限定です

SBI副社長「地方企業に資本支援も」 島根銀と連携

資本提携から1年余〈下〉

[有料会員限定]

SBIホールディングスが掲げる「地銀連合構想」が始動してから1年余り。同社が出資した地銀は7行にのぼる。第1弾となった島根銀行の改革の進捗をどう見ているのか。また、地銀の再編に注目が集まるなか、連合構想が目指す方向性をどう考えるか。出資する地銀との連携策や戦略づくりで中核を担う、島根県出身の川島克哉・SBI副社長に聞いた。

――この1年、島根銀との連携策は、供給者目線のプロダクトアウトが目立ちました。

「まずは目先の収益を好転さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1454文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン