/

この記事は会員限定です

ポインセチア1割高

「巣ごもり」で小さい家庭用人気

[有料会員限定]

クリスマス向けの鉢植えのポインセチアが昨年より1割高い。主産地の関東などで夏の猛暑などの影響で色がつかず出荷が減った。一方、コロナ禍による「巣ごもり」で家庭に気軽に置ける小さな鉢が人気だ。

東京・大田の卸売市場のポインセチアの卸値は前年同期に比べ1割高の1鉢500~600円。今夏の生育遅れが響き、卸大手の大田花きでは入荷量が前年より2割ほど減った。

一方、家庭向け需要は増えている。「例年な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン