/

将棋の藤井二冠ら羽子板に 新型コロナ関連も

今年話題となった人物を描いた「変わり羽子板」。将棋の藤井聡太二冠(中央)や競泳の池江璃花子選手(右)らがモデルに選ばれた(3日午前、東京都台東区)=共同

今年話題になった人物をモチーフにした年末恒例の「変わり羽子板」7点が3日、人形メーカー「久月」(東京・台東)の本社で披露された。モデルには最年少で王位と棋聖を獲得した将棋の藤井聡太二冠(18)や、白血病からの完全復活を目指す競泳の池江璃花子選手(20)ら9人が選ばれた。

新型コロナウイルスの感染拡大に関連し、情報技術を駆使した対策で注目された台湾でIT政策を担当する唐鳳(オードリー・タン)行政院政務委員、交際相手のテレワーク姿が結婚の決め手の一つになったとされる女優の石原さとみさん(33)らもデザインされた。

久月によると、羽子板は室町時代ごろから魔よけとして飾られるようになった。遊びで使う羽根の硬い黒玉は「無患子(むくろじ)」と呼ばれ、無病息災のお守りの意味がある。同社は「羽子板でコロナ禍を打ち払い、来年は楽しく明るい年になってほしい」としている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン