/

東京都、18日から時短営業協力金申請受け付け

東京都は3日、飲食店などへの営業時間短縮要請に伴う協力金の支給申請を18日から受け付けると発表した。公式サイトや郵送、都税事務所への持ち込みで受け付ける。申請には申請書や営業許可書、ホームページやチラシなど営業時間を短縮したことが分かる書類などが必要となる。

2021年1月25日まで受け付ける。協力金は酒類を提供する飲食店やカラオケ店を運営する事業者が対象だ。11月28日~12月17日に、営業時間を午前5時~午後10時に短縮した場合に一律で40万円支払う。島しょ部の店舗はのぞく。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン