/

会津バス、AIで通勤バスの運行を効率化

みちのりホールディングスグループの会津乗合自動車(会津バス、福島県会津若松市)は通勤バスを対象に人工知能(AI)を使って臨機応変にルートを選定する仕組みを導入した。バス会社は運行を効率化でき、利用者は自宅により近い場所で乗車できる利点がある。

会津オリンパスの通勤バスを対象に開始した。一般に「ダイナミックルーティング」と呼ばれる仕組みで米国のビア・トランスポーテーション社のシステムを導入した。

利用者はネットで予約するためバス側に乗車する人の場所と時間が事前にわかる。従来のように乗客の有無にかかわらず決まったルートを決まった時間に運行する必要がなくなり、運行が効率化できる。

またバス停を固定する必要がないため自宅の近くなどに「バーチャルバス停」をきめ細かく置くことも可能になった。

会津バスは今回と同様の仕組みを路線バスに応用することを検討する。会津地方は高齢化と人口の減少が進んでいるためだ。

国土交通省は今回の取り組みを「新型輸送サービス導入支援事業」として後押ししている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン