/

この記事は会員限定です

人工衛星、企業にサイバー対策指針 政府、工程表改定へ

[有料会員限定]

政府は企業が人工衛星開発に携わる際のサイバーセキュリティー指針を策定する。2021年度中の整備を目指す。サイバー攻撃で機密情報の漏洩や運用の支障が起きる危険性などに備える。民間主導の宇宙開発の機運の高まりを受け、企業参入の拡大に向けた環境を整える。

月内にも宇宙開発戦略本部を開き、指針をつくる方針を盛り込んだ「宇宙基本計画」の工程表を改定する。会合には菅義偉首相が出席する。

衛星に関するシステムが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り488文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン