/

神奈川県、横浜・川崎で時短営業要請 感染急増で

神奈川県は3日、新型コロナウイルス感染者の急増を受け、横浜市と川崎市で酒類を提供する飲食店やカラオケ店に時短営業を要請すると発表した。7~17日の11日間は営業時間を午前5時から午後10時までに収めてもらい、協力した店には1店舗あたり1日2万円の協力金を支給する。

黒岩祐治知事が酒類を提供する飲食店などの時短営業を要請した(3日、神奈川県庁)

3日、県の対策本部会議で決めた。要請は新型コロナ対策の特別措置法に基づくもので、全県民に対して感染症対策の徹底も求めた。時短要請は新規感染者数や飲食店の数が多い横浜・川崎の2市を対象とし、両市長の合意を得たうえで決定したという。

17日まで連続して時短営業するなどの条件を満たした店舗には、日数に応じて最大22万円を支給する。県によると対象は約1万3600店で、予算額は30億円程度と試算している。酒類の提供のみを取りやめる場合や、従来から深夜・早朝の営業がない店舗は協力金の対象外となる。

黒岩祐治知事は時短要請に際し「なんとか感染拡大をここで食い止めたい」と強調した。一方、対象となった横浜市内の飲食店からは「通常であれば忘年会の時期で損失的には大きい」(オイスターガーデンの森祐輔氏)との声も出た。同店はランチメニューを刷新するなど営業を工夫しており、「感染者数が減れば、飲食店の客も戻ると期待している」と訴えた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン