/

この記事は会員限定です

マンション投資の勘所 入居率・費用も利回り左右

[有料会員限定]

長く続く超低金利下で資産運用先としてコンパクトマンションの需要が底堅い。特に東京都心で環境や利便性に優れた物件は働く女性を中心に住まいとしての人気も高く、投資妙味につながっている。不動産大手は専用のブランドを立ち上げ、入居者の確保といったサービスも充実。ワンルームタイプを備えるタワーマンションなども増え、投資用マンションの選択肢は広がりつつある。

「日常利便の江戸川橋、嗜好の神楽坂」。三菱地所レジ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1610文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン