/

三重大病院元准教授を逮捕 津地検、カルテ改ざん疑い

(更新)
三重大病院(津市)=共同

実際は使っていない薬剤を患者に投与したかのようにカルテを改ざんしたとして、津地検は3日、公電磁的記録不正作出・同供用の疑いで、三重大病院の元准教授、境倫宏容疑者(48)=津市、懲戒解雇=を逮捕した。病院は今年3月までの約2年間に約2200件のカルテを改ざんし、計2800万円超の診療報酬を不正受給したとの調査結果を9月に公表した。

大学が設置した第三者委員会は、元教授の男性(54)=退職=が製薬会社から多額の寄付金を得ようと、薬剤「ランジオロール塩酸塩」の積極使用を境容疑者に指示したと結論付けた。地検は今後、元教授の関与も調べる。

逮捕容疑は2月中旬~3月下旬、多数回にわたり、実際は使わなかった薬剤を使用したかのように電子カルテを改ざんした疑い。捜査関係者によると容疑を認めている。

共同通信の取材に、境容疑者の弁護人は「コメントを控える」、三重大病院は「誠に遺憾。捜査には今後とも全面的に協力する」とそれぞれ話した。

第三者委によると、使用しなかった薬剤は廃棄していた。元教授は第三者委の聞き取りに「廃棄されていたとは知らなかった」と関与を否定した。

大学は10月に境容疑者を刑事告発。地検は同月、境容疑者の自宅や病院のほか、ランジオロール塩酸塩の販売元である小野薬品工業(大阪)を家宅捜索した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン