/

この記事は会員限定です

宝くじ人気回復の兆し 税収減の自治体「干天の慈雨」

クリック

[有料会員限定]

宝くじが人気回復の兆しをみせている。ネット販売の浸透で若者や女性の購入が増え、裾野が拡大した。宝くじは売り上げの4割が発売元の都道府県や政令市の財源になる。地方税収は2021年度に3兆円を超す税収減を見込む。宝くじの収益はその1割ほどだが、コロナ下では干天の慈雨になるかもしれない。

12月初旬の昼時、東京・銀座の宝くじ売り場、西銀座チャンスセンターは、年末ジャンボ宝くじを求める人で40~50分待ち...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1185文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン