/

この記事は会員限定です

地方分権先導へ関西結集を

時流地流

[有料会員限定]

◆「大阪都はなくても広域連合で対東京をやっていくべきだ」。11月25日に大阪市で開いた関西広域連合設立10周年記念式典のパネル討論。連合長の井戸敏三・兵庫県知事が水を向けると、大阪府の吉村洋文知事は「やるべきは国の出先機関の丸ごと移管」と応じた。

◆2010年12月1日に全国初の府県による広域連合として発足した関西広域連合は広域防災などで成果を上げたが、国の出先機関の受け皿づくりは進展がない。民主党政...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り503文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン