/

この記事は会員限定です

[FT]御してもやまぬ中国の対米ハイテク投資

[有料会員限定]
Financial Times

米国が外国企業の投資規制を強化する中で、中国政府系ファンドによる重要技術分野への対米投資が依然続いている。ワシントンでは国家安全保障への影響を懸念する声が党派を超えて広がっている。

重要品目の半導体分野ではピクセルワークス、ブラック・セサミ・テクノロジーズ、ライトICテクノロジーズの米3社が最近、中国の政府系ファンドの出資を受けた。

中国のコンサルティング会社、清科集団によると、重要産業に重点投資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2562文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン