/

この記事は会員限定です

クスリのアオキ、既存店売上高4カ月連続減 販促縮小

[有料会員限定]

クスリのアオキホールディングス(HD)の既存店売上高が11月まで4カ月連続で前年同月の実績を下回った。2020年5月期(前期)まで続けた販促策を縮小しているほか、同業他社との競争も激化しているからだ。M&A(合併・買収)で得た経営資源を使い、新機軸を打ち出せるかが課題になる。

「ついに息切れしてきたか」。北陸の食品スーパーの幹部はアオキの数値を見てこう話した。11月の既存店売上高は前年同月比4.6%減となり、6~11月の上期累...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1412文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン