/

この記事は会員限定です

TKC、自治体の窓口電子化を支援 基幹システムと連携

[有料会員限定]

TKCは自治体の窓口業務のデジタル化支援を本格化する。来庁時の書類記入の省略からウェブ上での手続き完結まで最適な周辺システムを提案する。強みとする自治体向け基幹システムは政府が仕様の標準化を進め、独自性を打ち出しにくくなる見通し。窓口での効率化支援と連携させながらシェア拡大を図る。

栃木県真岡市では市民が引っ越しした時に転入届などの書類を何枚も書く必要がない。窓口で身分証を読み取ると、氏名や生年月日など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り914文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン