/

この記事は会員限定です

8月のシニアツアー 転がり込んできた初優勝

篠崎紀夫(2)

[有料会員限定]

8月のマルハンカップ太平洋クラブシニア、プレーオフの相手は普段一緒に練習している同い年の塚田好宣選手だった。彼とは飛距離も違うし、9割方、彼が勝つものと思っていた。ゴルフファンならよくご存じの太平洋クラブ御殿場コースの名物ホール、18番。私の持ち球はフェードで、彼はドロー。ティーショットでフェアウエーをとらえ、2オンを狙うには塚田選手が有利だ。

彼のティーショットは完璧に見え、左のフェアウエーバン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り439文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン