/

この記事は会員限定です

ベネズエラ近く国会選挙 野党不参加、独裁政権が正当性主張

[有料会員限定]

【サンパウロ=外山尚之】南米ベネズエラで6日、国会議員選挙が実施される。欧州連合(EU)は透明性に欠けるとして延期を要請したが、独裁体制を確立したマドゥロ政権はこれを拒否。主要野党が参加しない中、形だけの選挙で自らの正統性をアピールする算段だ。米新政権の出方も読めず、盛り上がりに欠けた選挙戦となっている。

「もし野党が勝つならば、私は大統領の座から去ろう」。マドゥロ大統領は1日、首都カラカスで行っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り936文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン