/

ウォルマート、少額でも無料宅配 最低購入額の条件撤廃

(更新)

【ニューヨーク=白岩ひおな】米小売り最大手ウォルマートは2日、即日宅配サービス「ウォルマート+(プラス)」の会員向けに、購入額35ドル以上からとしていた無料配送の利用条件を撤廃すると発表した。少額でも注文できるようにし、競合するアマゾン・ドット・コムに対抗する。

会員向けの無制限の無料配送は4日から、日用品や衣料品、ゲーム、家電などを販売するウォルマートの通販サイト「ウォルマート・ドットコム」での買い物に適用される。これまでは35ドル以上の購入が必要だった。

ウォルマートのジェイニー・ホワイトサイド最高顧客責任者は「商品をカートに入れてすぐに購入でき、よりスムーズな買い物が可能になる」と述べた。

商品は注文翌日~2日後に購入者の自宅に届く。店舗から配達する生鮮品などの食料品の当日配達は対象外で、従来通り35ドル以上の注文が必要となる。

ウォルマート+は年会費98ドル(約1万300円)で食品や日用品、家電などの即日宅配を受けられるサブスクリプション(継続課金)型のサービスで、9月中旬に開始した。アマゾンが2005年に導入した会員制サービス「アマゾンプライム」の対抗軸だ。年会費はプライムの119ドルより安いが、映像配信などは含まれない。

アマゾンは会員が「プライム」対象の商品を購入する場合、1品から無料配送の特典を受けられるサービスをすでに提供している。食料品についてはウォルマートと同様、35ドル以上の注文で無料配送を受けられる生鮮宅配サービス「アマゾン フレッシュ」がある。

米国内に約4700店舗を展開するウォルマートは通販や会員サービスを拡大する一方、業務の合理化や人員などにかかるコスト削減を進めている。米テレビのフォックス・ビジネスなどは2日、同社がアーカンソー州とニュージャージー州で来年1月に約1240人の人員削減を予定していると報じた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン