/

この記事は会員限定です

中国監視カメラ、米制裁でも成長

ハイクビジョンとダーファ 感染対策で設置拡大

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔、東京=江口良輔】米国から制裁を受けている中国の監視カメラ大手2社が、中国政府の感染防止策による国内需要を取り込んで売上高を回復させている。ロボットのような新規分野の拡大や欧州、南米での販路開拓に取り組み、制裁を科す米国向けなどの落ち込みを補おうとしている。

中国では新型コロナウイルスの感染拡大後、政府が防止策を徹底するように国内企業に指導。工場やオフィスの出入り口で従業員の体温...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1655文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン