/

この記事は会員限定です

テスラ、エアコン参入検討で問われる世界観

グロービス経営大学院教授が解説

(更新) [有料会員限定]

電気自動車(EV)の販売が好調で、トヨタ自動車の時価総額を抜いたことでも話題の米テスラが家庭用エアコンに参入する意思をみせました。今回の取り組みは成功するのか。グロービス経営大学院の嶋田毅教授が「事業ドメイン」「習熟効果」の観点で解説します。

【解説ポイント】
・テスラはEVや蓄電池、エアコンで家庭向けのエネルギービジネスに触手
・単純な量産より、クールな構想力やソフト更新による機能向上がカギ

事業ドメインの設定が成長を左右

企業戦略には大きく、個別の事業で競争優位性の構...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3150文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン