/

ヤマト運輸、冬の賞与5.8%増の68.8万円に

コロナで宅配需要が増えるなか、ヤマトは「生活に欠かせないエッセンシャルワーカーとして働く社員に応える」と年末賞与を増やす

ヤマトホールディングス(HD)傘下のヤマト運輸は2日、2020年の年末賞与を正社員の平均で68万8千円と昨冬から5.8%増やすことを明らかにした。ヤマトHDが発足した05年以降では、07年に次ぐ2番目の高水準。新型コロナウイルス下での「巣ごもり消費」で宅配需要が増えるなか、「生活に欠かせないエッセンシャルワーカーとして働く社員に応える」としている。

ネット通販の急増により、ヤマトHDの連結最終損益も20年4~9月期は141億円の黒字と前年同期(34億円の赤字)から大幅に改善していた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン