/

この記事は会員限定です

分断の米国「怒りの時代」に ウッドワード氏に聞く

トランプ氏、当面は米政治ににらみ バイデン氏、就任当初は苦難に

[有料会員限定]

トランプ米大統領の新型コロナウイルス対応を巡る迷走ぶりなどを記録した「Rage(怒り)」の著者、ボブ・ウッドワード氏が日本経済新聞のビデオ会議形式のインタビューに応じた。一問一答は以下の通り。

(聞き手はワシントン支局長 菅野幹雄)

――「Rage(怒り)」の由来は。

「2016年に私と同僚がトランプ氏に取材した時に出た言葉だ。共和党で米大統領候補の指名争いに出馬する直前だ。彼は人々に怒りをもたらす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2675文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン