/

21年に「スガスマホ」配布?

市場点描 注目リポートから

デジタル庁が設立され、国民一人ひとりに菅首相が待ち受け画面の「スガスマホ」が配られる――。岡三グローバル・リサーチ・センター理事長の高田創氏が2021年の「とんでも予想」リポートを発表した。パロディーを取り入れた自由な発想で相場の「想定外」に備える重要性を説いており、スガスマホなど10のシナリオを紹介した。

米製薬大手ファイザーのコロナワクチン実用化を手がかりに世界の株価が騰勢を強めているが、高田氏はあえて「コロナ特効薬で株価暴落」のシナリオを描いてみせた。金融政策の超緩和が正常化され、財政支援策がなくなるとの不安がパニック売りにつながるという。

シナリオはこのほか、「エルニーニョで世界中が水没」「日本でも独身の日」など。

マーケットでは、確率は低いが発生すれば非常に大きな損失をもたらすリスクを「ブラックスワン(黒い白鳥)」、高い確率で存在するのに軽視されがちなリスクを「グレーリノ(灰色のサイ)」になぞらえる。

20年の株式相場はほとんどだれも予想していなかった新型コロナウイルスに翻弄されただけに、「動物園めぐりが21年も必要」という高田氏の主張も説得力を増す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン