/

この記事は会員限定です

RCEP離脱のインド、輸出の視線はアフリカへ

[有料会員限定]

インドが東アジアの地域的な包括経済連携(RCEP)から離脱し、独自に地場産業の底上げに動き始めている。地力が付けば将来は国外への輸出も視野に入れるが、RCEPに合意した日中韓や東南アジア諸国連合(ASEAN)とアジア域内で争うのはたやすくない。そこでインドは地理的な強みを生かし、アフリカ向けに新しい供給網を築くとの見方がある。

「インド企業には追い風だが、地場産の品質を高めないと他のアジア製品のよ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り872文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン