/

この記事は会員限定です

「田んぼダム」で氾濫防ぐ 高知の河川で流域治水

国と自治体スクラム

[有料会員限定]

豪雨による河川氾濫が相次ぐ高知の2河川で、国と流域の自治体が一体となった「流域治水」を講じるための具体策が明らかになった。それぞれの川の特徴に応じ、降った雨が川に流れ込まないように水田をダムのように活用する「田んぼダム」を設けたり、住民に早めの避難を呼びかける仕組みを作ろうとしたりしている。今後精査して2020年度末までに仕上げる。

2河川は1級河川の仁淀川と物部川で、国土交通省高知河川国道事務所...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り942文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン