/

札幌市、ナビアプリにバスの現在地を表示

乗車したいバスの現在地をアプリ上で確認できる

札幌市は同市が運営するバスの乗り継ぎ案内アプリ「さっぽろえきバスナビ」でバスの現在地を確認できる機能を追加した。冬期に雪でバスが遅れている場合にもバスの現在地を確認できる。1日から提供を始めた。対象となるのはジェイ・アール北海道バス、じょうてつ(札幌市)、北海道中央バス、札幌ばんけい(同)の4事業者。

利用するバス停を選び、利用する路線を選択する。バスの現在地とともに「通常運行」「5分以上遅延中」「10分以上遅延中」など運行情報が表示され、バス乗車の目安にできる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン