/

この記事は会員限定です

島根銀、「モノ売り」から伴走型へ SBIが迫る変革

資本提携から1年余〈上〉

[有料会員限定]

SBIホールディングスとの資本・業務提携から1年余り、島根銀行が変革を図ろうとしている。これまでは金融商品の「モノ売り」としての連携策が目立ったが、それでは新型コロナウイルスの影響で傷んだ地場企業を救いきれないとの危機感が芽生えてきた。SBIが最初に出資した地銀である島根銀が目指す再起の動きは、全国からも注目されている。

昨年9月にSBIとの資本・業務提携を発表する前、島根銀の本業のもうけを示すコア業務純益は3年連続で赤字とな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1484文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン