/

この記事は会員限定です

Salesforce、いざMicrosoftと一騎打ち Slackに2.9兆円

(更新) [有料会員限定]

【シリコンバレー=佐藤浩実】米セールスフォース・ドットコムが同社として最大の買収に乗り出す。1日に米スラック・テクノロジーズを277億ドル(約2兆8900億円)で傘下に収めると発表。企業活動の基盤となったチャットサービスを手に入れる。M&A(合併・買収)で飛躍してきた元祖クラウド企業は、米マイクロソフトとの一騎打ちに備え始めた。

「この6年間、スラックと(最高経営責任者=CEOである)スチュワートの成長を見てきた」。セールスフォースのマーク・ベニオフCEOは1日、会見で強調した。「彼らは最も愛されるサービスとブランドを作り上げた。我々は完璧な組み合わせだ」

セールスフォースの2020年1月期の売上高は170億ドル。同じ期に6億3042万ドルだったスラックを買収しても、規模の拡大は限られている。それでも3兆円近くを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り899文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン