/

JR東日本、「鬼滅の刃」イベントで記念スタンプ

12月に走る「鬼滅の刃」のコラボ列車に掲げられるヘッドマークを公開した(2日、群馬県高崎市)

JR東日本高崎支社は2日、劇場公開中の人気アニメとコラボレーションしたイベント「鬼滅の刃×SLぐんま~無限列車大作戦~」で新たに記念スタンプを始めたと発表した。また、運行中のコラボ列車に12月に掲げるヘッドマークのデザインを公表した。

1日から記念スタンプを設置したのはコラボ列車の発着駅である高崎駅と横川駅、横川駅近くにある鉄道のテーマパーク、碓氷峠鉄道文化むら(同県安中市)の3カ所。主人公の竈門炭治郎(かまどたんじろう)らがデザインされている。28日まで設置する。

公開した12月に掲げるコラボ列車のヘッドマークは2種類。大きさはそれぞれ直径が約70センチ。うち電気機関車(EL)版のデザインはアニメに登場するキャラクター5人をデフォルメした珍しいバージョンだという。

JR東は群馬県内で10月から蒸気機関車(SL)などが牽引(けんいん)するコラボ列車を週末に運行している。ヘッドマークは月ごとにかえており、10~11月に使用したヘッドマークは碓氷峠鉄道文化むらで12月28日まで展示する予定。

コラボ列車は「鬼滅の刃」の世界を堪能できるように内装などを劇場版アニメの舞台となる「無限列車」仕様にしている。イベントは12月末までの予定だが、期間中の列車運行分はすべて予約済みという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン