/

茨城空港に名物カツカレー「就航」 機体風に特盛り

コロナ禍で視界不良が続く茨城空港(茨城県小美玉市)に名物メニューが「就航」――。すぎのや(同坂東市)がターミナルビルで展開するレストラン「すぎのや本陣 茨城空港店」は5日~2021年1月11日の期間に「特盛 空カツカレー」を販売する。機体風の盛り付けと増量によるお得感をアピールする。

飛行機の機体に見立ててカツとご飯を2倍に増量して盛り付けた

同店では茨城県産豚肉「キングポーク」を使ったカツカレー(1375円)を販売しているが、カツとご飯を2倍に増量した。ご飯の左右に両翼のようにカツを置き、上にも尾翼のように配置した。価格は1680円。

茨城空港ターミナルビル管理事務所と県が商品アイデアで協力した。同空港では国際線運休などで利用者低迷が続く。矢口清江店主は「インパクトのあるメニューとなれば」と期待する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン