/

この記事は会員限定です

三井不、医療系新興の支援拡充 VCに50億円投資へ

[有料会員限定]

三井不動産は医療系スタートアップ企業の支援体制を拡充する。投資ファンドに今後数年で総額50億円を投資する。三井不は東京・日本橋地区の再開発にあわせて医療関連企業をオフィスビルのテナントに誘致している。資金面での支援を通じて事業拡大を促し、日本橋地区への企業の流入につなげる狙いだ。

国内外のベンチャーキャピタル(VC)のファンドに新規に50億円程度の投資を行う。また医療系スタートアップへの直接投資も検討する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り570文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン