/

この記事は会員限定です

睡眠テック急成長 「質改善」追求、3兆円市場へ

[有料会員限定]

先端技術で睡眠の質を改善する「スリープテック」に取り組む企業が増えている。フィリップス・ジャパン(東京・港)は太陽光を再現する目覚まし時計を発売した。寝具大手の西川(東京・中央)はマットレスでデータを収集し、パナソニックと組んで継続課金サービスを手がける。新型コロナウイルスの影響で睡眠リズムは変わった。3兆円とされる成長市場を制するのは誰か。

フィリップスは11月、心地よい目覚めや入眠を促す「光目覚まし時計」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1845文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン