/

旭化成建材、ALCを値上げ

旭化成建材(東京・千代田)は建物の外壁などに使う軽量気泡コンクリート(ALC)を2021年4月出荷分から7%値上げする。セメントなどの原材料費や輸送費の上昇が理由だ。対象となるのは厚さ37ミリメートルなどの木造建築用。同商品の値上げは約10年ぶり。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン