/

この記事は会員限定です

[社説]利用者目線の大学の再編を

[有料会員限定]

少子化やコロナ禍による留学生の減少などで、大学の経営環境は厳しさを増している。国公私立の設置形態を超えた連携や再編は、避けて通れない道だ。

慶応義塾と東京歯科大学が法人合併に向け協議を始めた。2023年4月にも慶応大に歯学部が誕生する見通しだ。伝統と実績がある両大学の、将来を見据えた経営判断を評価したい。

慶応大にとっては、付属校から進学する生徒や受験生の選択肢が増え、ブランド力に磨きがかかるだろ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り580文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン