/

この記事は会員限定です

中東、焦りと期待が交錯 バイデン外交と世界(3)

[有料会員限定]

11月27日、テヘラン近郊でイランの核開発計画で中心的役割を担ってきた科学者モフセン・ファクリザデ氏が暗殺された。同氏の行動を把握していたかのような待ち伏せによる襲撃だった。

「適切なタイミングで報復する」。ロウハニ大統領はイスラエルを名指しで非難したが、発言には挑発に簡単に乗るまいとの意志がにじむ。報復に動けば、米次期政権との対話が遠のくからだ。

米大統領選で勝利を確実にしたバイデン前副大統領の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1008文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン