/

神奈川県藤沢市、村岡新駅周辺の街づくり素案

神奈川県藤沢市はJR東海道線の藤沢駅―大船駅間で整備が検討されている「村岡新駅」(仮称)について、周辺地区の街づくりの方針をまとめた素案を作成した。ヘルスケア分野の新事業創出を目指す近隣施設「湘南ヘルスイノベーションパーク」(湘南アイパーク)などを生かした街を目指す。

市民らの交流が生まれるように、スポーツ施設やアート作品の展示ギャラリーなどを整備する必要性も示した。近隣河川などの水害に備えて、電気や水道などのインフラを一定期間提供できる対策もとる。

課題として回遊性の向上を挙げ、線路によって南北に地区が分断されないように「シンボル道路」を設ける方針を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン