/

東京都、コロナ専用施設を公開 中~軽症対象に32床

(更新)
東京都が新設する新型コロナウイルス感染症専用医療施設の病室(2日、東京都府中市)

東京都は2日、府中市内に16日から開設予定の、新型コロナウイルスの専用医療施設を報道陣に公開した。中等症や軽症患者を対象に2病棟32床で始め、最終的に100床まで拡大する。要介護者や日本語の話せない人など、通常の病院では対応が難しい患者も積極的に受け入れる。

旧都立府中療育センター(6月に移転)の建物を活用。築50年以上だが病室フロアは壁や床などを一新し患者用シャワー室やトイレも新設した。

病室の気圧を下げてウイルスが漏れ出さないようにする陰圧装置の配備や、感染の可能性がある場所と安全な場所を分ける「ゾーニング」の徹底で院内感染を防ぐ。日中は1病棟(16床)ごとに看護師8~10人で対応し、医師3人が常駐する。患者が重症化した場合は近くの多摩総合医療センターに搬送する。

同施設の近藤泰児院長は「一般の病院やコロナ患者の受け入れ体制が整っていない病院の助けになれるよう務めを果たしていきたい」と話した。

都の専用施設は2カ所目。当初11月稼働予定だったが、工事が長引き開設が遅れていた。

新型コロナウイルス陽性患者を運ぶため、カバーを取り付けたストレッチャー(2日、東京都府中市)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン