/

この記事は会員限定です

携帯料金引き下げ検証へ組織 総務省など年内に

(更新) [有料会員限定]

総務省と消費者庁は携帯電話料金の引き下げを検証する組織を年内に設ける。携帯各社の販売プランや別ブランドへの乗り換え費用などを消費者が比較できるように整理して公表する。各社に一層の値下げ競争を促す狙いだ。

菅義偉首相が武田良太総務相と井上信治消費者相に設置を指示した。武田、井上両氏が近く発表する。総務省と消費者庁の幹部が参加する。

携帯会社を監督する総務省は電気通信事業法で事業者の契約ルールを定め、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り397文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン