/

CCC、LINEで販促 Tポイント付与

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は2日、対話アプリ「LINE」上の販促キャンペーンに参加した消費者を対象に、Tポイントを付与できるサービスを始めると発表した。消費者は商品に貼ったシールを集めるなどの手間が省ける。販促手法のデジタル化で企業も販促費を抑えられる利点がある。

CCC傘下のCCCマーケティング(東京・渋谷)は「Tカード×LINEで応募」を2021年1月に開始する。LINE上で展開される販促キャンペーン参加時にTポイント会員情報を登録し、加盟店で対象商品を購入すると、ポイントがたまる。

従来だとキャンペーンに参加するには、商品に貼られたシールのQRコードを読み込んだり、レシート画像を送付したりする必要があった。このサービスを使うと、Tカード経由で購買情報を入手できるようになる。

日用品や食品を製造する企業は販促コストを削減できるほか、キャンペーンに参加した顧客の属性やライフスタイルなどを把握できるようになる。Tポイントに加盟する小売事業を手掛ける企業は、LINEを通じて店舗に送客できる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン