/

この記事は会員限定です

中小再編、税で後押し 設備投資額の最大10%控除

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]

政府・与党は中小企業の再編を促す税制の概要を固めた。M&A(合併・買収)後の想定外の損失に対応できるよう、買収費用の一部を税優遇し、約5年間は手元の資金を手厚くする。相乗効果を高められるように設備投資額の最大10%を法人税から控除することも認める。菅義偉首相は中小の生産性を高めるための再編に意欲を示しており、税制で支援する。

与党の税制調査会で議論し、2021年度税制改正大綱に盛り込む...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1047文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン